2011年04月02日

鹿島神宮の鳥居が…

2週間振りの更新になってしまいました。

私は被災地の皆さんと動物達がどうか心安らかになりますようにと、毎日祈っています。


故郷茨城県の被害です。これは報道されたんですね。


里帰りしてここを通る度に、小さかった息子が大きな湖に驚いて

「これは…海?」と聞いてきました。

鹿島神宮橋も一部崩落してしまったそうで

母に聞いたら落ちたのはなんと新しい橋だそうで
並列して残ってる昔の橋は大丈夫だったそうです。…なんで?(・・;)


それからショックだったのが鹿島神宮の鳥居が倒壊してしまった事です。
鳥居.jpg


倒壊した鹿島神宮の二の鳥居ー100トンあるそうです。
二の鳥居.jpg



一の鳥居は4キロ離れた北浦湖畔に立っています。
鳥居一の.jpg
(上の動画の湖です)



楼門
楼門.jpg


鹿島神宮は紀元前660年建立と言われていて
太古の昔からパワースポットであった事がわかります。

全国で600からある鹿島神社の総本社です。

平安時代に神宮の称号を与えられていたのは伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三社だけだったそうです。

御祭神は武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)様ー武芸の神様です。 

最強の武神に守護されたアントラーズが強いのも頷けますね。


拝殿
本殿.jpg
現在の社殿は、二代目将軍の徳川秀忠公が元和(げんな)5年に奉納されました。


本殿
本殿1.jpg


奥の宮
奥宮.jpg
慶長10年(1605年)将軍徳川家康公により奉納されました。


奥参道 
鹿島神宮の写真
この(写真はトリップアドバイザーさんよりお借りしました)


さざれ石
石さざれ.jpg


霊泉御手洗池(みたらしの池)
御手洗池2.jpg

昔はこちらでお手水を頂いたとか。

美味しいみたらしだんご屋さんもあります。


鹿園(ろくえん)
鹿2.jpg
鹿島といえば神の御使い 鹿さんですね。

勇ましくケンカするオス。怪我しないんでしょうか〜?


奈良の鹿は鹿島の鹿の末裔なんだそうですよ♪

鹿島の鹿はニンジン大好き!だそうです。可愛いですね。
鹿.jpg
(ガス太郎遠征日記!頑張れFCサポーターさんより鹿の写真をお借りしました)


最も力強い動きを見せてくれる夏至の頃の太陽の動きに沿って

鹿島神宮より西南23.4度の線(地軸の傾き)を引くと

この下に「皇居」「明治神宮」「富士山」「伊勢神宮(三重)」「吉野山(奈良)」

「高野山(和歌山)」「剣山(四国)」「高千穂(宮崎)」とが直線で並び

これをレイライン(太陽の道)といい、聖地が並ぶ道と言われています。

JAPAN.jpg

日本のようにこれ程長いレイラインは類を見ないようです。


ふぅ…ちょっと長くなって書ききれなくなりました。

次回は地震を抑える要石の話をしたいと思います。


にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!
















posted by とらる at 17:07| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この橋のニュースは見なかったです。
復興したら自分で運転して渡ってみたいものです。

少し落ち着いたのか迷子のペットたちを救う映像もあちこちで流れるようになりましたね。
人もその他の生き物も早く普通の暮らしがもどりますように。

静かな参道の巨木に癒されました。ありがとうございます。
それとレイライン、初めて聞きましたが高知を通ってるのがなんだか嬉しいです。これもありがとうございます!
Posted by うさぎママ at 2011年04月05日 19:00
♪うさぎママ様

>復興したら自分で運転して渡ってみたいものです。

ふふふ…湖が大きくてでもすごい田舎でびっくりするかも^^
でも霞ヶ浦で見る帆掛け舟が本当に綺麗なんですよ。

動物愛護団体やまた個人の方がペットを救ってくれてますね。
私も何かの形で協力したいです。
そういえば愛護団体詐欺の情報も…許せません。

前からこの鹿島のレイラインは知ってただけど
今回この図を探して初めて高知を通ってるって知り、私も嬉しかったです。

四国は八十八箇所参りもあり、死国に通じるものもあり…
霊的なパワーが強い島みたいですよ。
なんて私はそういう感覚が鈍いので受け売りですが。




Posted by とらる at 2011年04月07日 01:03
鹿と言えば奈良かと思ってたら鹿島が祖先だったのね^^;
レイライン、初めて聞いた!
不思議だね、なんか神秘的だよね。

そうそぅ鳥居が倒壊って!
何だかねぇ・・・お願いしたい神様まで
そんな事になってしまうなんてって感じだよね。

実家は、だいぶ落ち着かれたのかな・・・?
でもこうも余震続きじゃ心配だよね。
Posted by ライくんちのばぁや at 2011年04月14日 14:00
♪ライくんちのばぁや様
ばぁやさん、遅くなってごめんね〜

「767年の奈良時代に当時政権を操っていた藤原氏が
奈良に春日大社を創建するにあたり、
氏神であった鹿島神宮の御分霊を鹿に乗せ
多くの鹿を伴なって上京していったとされており
この時の鹿が奈良公園の鹿のはじまり…」なんだって。

実家はお店の方は片付いたけど、家はちょとずつやってるみたい。
商品も大分入って来てるけど、地震後は夜の9時過ぎたら暇になっちゃったって。
余震が凄くて、みんなあまり遊びに行かないみたい。
Posted by とらる at 2011年04月19日 19:53
こんにちは、初めてメールさせてもらいます。
つかぬ事をお聞きしますが・・・
この、鹿島神宮の鳥居は、昔から場所はここでしょうか?
鳥居の移動されたって事は無いですか?
Posted by ももん at 2011年04月22日 15:19
お久しぶりです(^^)
鹿島には素敵なところがあるのですね、初めて知りました。
奥参道とかみたらしの池とか、訪ねてみたいです。
100tもある鳥居が倒れるなんて驚愕です。再建できるのかしら?・・・

Posted by ひのえ at 2011年04月23日 17:19
♪ももん様
ももんさん、お返事が遅くなってごめんなさい。
忙しくて自分のブログチェックしてませんでした(^^;

え〜とこの二の鳥居ですが…
私が子供の頃からここにありましたから、少なくとも40年はここにありますし
それ以前も移動されたという話は聞いた事がないです。
この鳥居がいつ建てられたかというと、資料がなくて私もわからないんですよね。
どこかのサイトで見た気がするのですが探せませんでした。
くやしいので後でもう一度トライしてみます。ごめんなさい。


Posted by とらる at 2011年04月24日 20:00
♪ひのえ様
ひのえさん、どもどもお久し振りです♪

身近にあったので、子供の頃は鹿島神宮の素晴らしさが全くわかってなかったんですよ。
あまりにも広過ぎて拝殿でお参りをして帰ってしまってたし。
私も今度里帰りしたら、ゆっくりお参りしたいと思います。

鳥居はきっと再建すると思いますよ^^
Posted by とらる at 2011年04月24日 20:22
♪ももん様
ももんさん、付けたしです。

大昔は今とは逆の方向から入り、御手洗の池でお手水を頂いてたそうです。
後世になって現在の方向から入るようになってから
この大鳥居が出来たと思います。
Posted by とらる at 2011年04月24日 20:32
ありがとうございますm(__)m
わざわざ 探して頂いて(*^_^*)
ブログも楽しみ見させていただきま〜す(●^o^●)

しかし、御手洗池神秘的ですね(^◇^)すてき
Posted by ももん at 2011年04月25日 21:29
♪ももん様
結局ハッキリわかりませんでしたね。申し訳ない。

更新も滞ってて…
5月ごろには更新する予定なのでよろしくです!
Posted by とらる at 2011年04月26日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191554133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック