2010年12月03日

変なとこが似る兄弟

ムーミィは4匹兄弟の中の2匹でオスはムーだけ。

全員が同じ柄で4匹兄弟とわかるまでに数ヶ月かかりました。


出会いは去年の3月頃で生後3ヶ月くらいに見えました。

外で世話してたグレしろのお母さんサビちゃん

お兄さんミルティーのご飯目当てにうちの庭にやって来たようで

暖かくなってきたので近くに捨てられたんだと思いました。


当時の私は非常にまずい事になったと思いました。

だってサビちゃんミルは毎日湯たんぽ入りのダンボールで寝て

昼もうちの庭で寛いでたから。


目に見えるケンカがあった訳じゃないけど、案の定サビちゃん親子の足はうちから遠のいて行きました_| ̄|○


私はサビちゃんへの思い入れが強かったし、自分にはもう限界だと思ったから

ムー達を保護しようとは思っていませんでした。



早い段階で1匹のメスを見なくなり

残った3匹のうち2匹にとってうちは単なる給食所に過ぎないようで

庭に長居する事はなかったのに対しミィは違ってました。

和室の窓を開けると、いつも窓下のコンクリートに丸くなって寝てたんです。

冬でもなく、若く活動的であるはずなのに具合が悪いんだと思いました。

それで元々避妊手術はする予定でしたが保護に踏み切ったんです。


それが去年の7月25日。

そして残ったメスが産んだチビを保護したのが8月13日。
CA3C0074.JPG
チビは生後30日くらいだったので

ちょうどミィを保護する10日程前に生まれた事になります。

姉妹であるミィは幸いにも妊娠してませんでした。

それは体調の悪さ故だったのでしょうね。


チビを保護した直後、もう1匹仔猫がいる事が発覚

DSCN6340.JPG
ミィの姉妹と仔猫↑            …を守るムー太郎


この子は母猫と一緒に寝ぐらを変えてしまい、秋に帰ってきた時は母猫だけになってました。

母猫とムーはこの頃から急に人懐こくなり甘えるように。

そして12月になると母猫はまたいなくなり、しばらくすると首輪をつけて現れたんです。

嬉しかった。

きっとうちみたいにご飯をあげてた家があって

寒さ厳しくなったので飼う事にしたんでしょうね。
DSCN7724.JPG
その時の母猫ちゃん。電池切れでこんなのしか撮れなかった。


うちの庭で久々に再会した母猫とムーは、寒いのに1時間以上も一緒にいました。

それはまるで「元気だったか?」

「うん、なんか家が決まった。そっちはどうよ?」

「よかったな。俺は湯たんぽあるし大丈夫だ」
な〜んて話してるように見えました。


それが母猫を見た最後です。

きっと完全室内飼いにしてくれたんじゃないかな…うん、きっとそうだよね。



つまりムーと私は兄弟でチビのおじさんおばさんになる訳ね?
DSCN8727.JPG
そ〜いうコト。


チビはともかくムー太郎が血を分けた兄弟なんて…
DSCN8719.JPG 
オーマイガー!!全然似てないし〜!

なに言ってんの。

あんたら他にゃんに襲い掛かる姿がそっくりだわよ(´-`)=3

ん?俺?
DSCN8969.JPG
この2にゃん、似なくていいとこばかりが似ています。

さてどうしたものか…

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!
















posted by とらる at 23:27| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あはは。
兄弟とか親子って似なくても良いところが似るものですよね。
ウチのモコも毛色とかは全く親と似てない(親はサビでモコはシャム系)
ですが…鳴くと親が居るんじゃないかって思うくらい声色が似てるんです。
モコも来年で5歳。親はもう生きてないだろうなーー
野良の寿命は短いですから。
Posted by tomo at 2010年12月04日 22:25
Σヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!3日連続だね♪

そっかぁ〜
今までなんとなくは分かってたんだけど~(=^‥^A アセアセ・・・
今日は読みながら“家系図”にしてしっかり頭に入ったよ^^v
とらるさんちの親族関係?
だってぇ次々に増えるから正確に覚えられなくて!ゞ(≧m≦●)ぷっ

襲い掛かる姿で兄弟だと実感してしまうんだ^^;
ムー太郎くんなんて見た目は温和そうな顔してるのにね。
Posted by ライくんちのばぁや at 2010年12月05日 11:08
こんにちは〜↓のムーちゃんの鼻水飛ばしの記事、うちのクーも凄くって・・・毎日すっごい量の鼻水、人間みたいなのをびよーーって感じで飛ばすんですよね。可哀想なんだけどもう治らないみたいで。
いろんな所鼻水の跡がついてるんですよね(笑)

ムーちゃん、そんな経緯があったんですね。保護して貰ってよかったー。
母猫ちゃんちゃんとしあわせに家猫として暮らしてると嬉しいなー。
Posted by ちか at 2010年12月05日 16:05
♪tomo様

ホントその通りですよね〜
自分の子供を見てもつくづくそう思います(^^;

モコちゃんのお母さんもサビなんですか。
サビちゃんの一族もサビちゃんと子供のグレしろとミルの
全員の声がか細く似てるんですよ。
特にサビちゃんとしろがそっくりです。

野良の寿命は短い…最近それを思い知る出来事がありました(´Д⊂)
命って儚いですね。
Posted by とらる at 2010年12月05日 18:48
♪ライくんちのばぁや様

あ、やっぱり?新入りの事はサイドバーにも載せてないもんね。
ミィもハチもまだ募集してるのよ、一応は(^^;ホホ
形としては保護猫だから載せていいのかなって思って。

私に技術があったらにゃんずの相関図とか書いてみたいんだけどね〜 

ムーの牙が凄いのは外猫時代から知ってたの。
甘えて噛み付かれると穴があくから。
でもボケッとしてるからここまで気が強いとは予想外だったわ。



Posted by とらる at 2010年12月05日 19:02
♪ちか様
えぇ〜 クーちゃんの鼻水もムーと同じだったんですか?
いや〜私、こういうのは家猫になってしばらくしたら軽減すると思ってたんですよね。
実際ミルが保護1年で驚く程良くなったんです。
でも治らない場合もあるんですね〜
でもちかさんちでも色んな所にこびり付いてるって聞いてちょっと嬉しい♪
うちは古くなったのはジェットスチームクリーナーで
掃除してるけどキリがないんですよね(^^;
Posted by とらる at 2010年12月05日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。