2010年11月11日

後天性横隔膜ヘルニアについて教えて下さい

※買い置きの電池パック不明により現在携帯電話を使用してません。
御用の方はPCの方にお願いしますm(_ _)m


去勢手術後2日目。

当日はさすがに大人しく寝てばかりいたハチですが、今日は大分元気になりました。

術後のお薬を飲むのも上手です。


そして昨日の続き、もうひとつの問題ですが

ムー太郎、横隔膜ヘルニアでした

横隔膜ヘルニアとは、横隔膜が裂ける事で発生する病気です。

横隔膜が裂けた事により臓器が心臓や肺を圧迫して呼吸が苦しくなるのです。

ムー太郎の場合、事故などの後天的な理由によるものだそうです。


呼吸が苦しそうなのは1年前から気付いていました。

当時の私はもしかして心臓病?

でも鼻水を飛ばしてたので風邪によるものだろうと思い、風邪薬を与えてました。

それは自分に都合がよい希望的観測でしかなかったんです。


鼻水も内臓の異常から来るものでした。

風邪の薬などで治るものではなかったんです。


後天性横隔膜ヘルニアになった場合

すぐに裂けた横隔膜を整復する手術をするのがいいそうで

ムー太郎のようにそのままの状態で慢性化すると

腹部臓器が胸腔内に癒着してしまい、整復が困難になり致死率が高くなるそうです。



今回去勢手術をお願いした主治医の先生は

1年間このままで頑張ってきたなら整復手術はしない方がいいと言いました。


昨日高知で一番設備が整ってるという病院に電話してみたら

そこの先生も丁寧に答えてくれて、やはり同じ見解でした。

1年前にレントゲンを撮ってもらっていたらと悔いています。



動画ーうちに入って初日。

ケージの猫ベッドでしょっぱなからフミフミするムー太郎。



新聞に乗ったり
DSCN8954.JPG


クッションで丸くなったり
DSCN8958.JPG
あんた絶対飼い猫だったよね。


ムーは8ヶ月程しか違わないけど、チビの叔父さんにあたる猫です。
(1月29日参照)
まぁ…チビは1ヶ月でうちに保護されちゃったからお互い覚えてなくて当然なんですが。

ムーの兄弟のメスがチビともう1匹を産んだ時

ムーがずっと付ききりで母子を守っていたんです。

それは本当に立派な姿でした。

そんなムーに少しでも恩返しがしたい。

少しでも苦しみを取り除く方法があるなら、出来るだけの事をしてやりたいんです。


横隔膜ヘルニアについてご存知の事を是非教えて下さい。

どうかお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!



posted by とらる at 00:31| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムーちゃん気持ちよさそう、よかったね。
でも呼吸が速かったのはそういうことだったのですね、野良だと
事故にあう確立も高いし。
痛みはあるのかな。
Posted by Ree at 2010年11月13日 15:08
外猫には いろんな病気やケガがあるのですね・・・
ムー太郎くん、苦しくないのかな?
こういう時、話ができるといいのにって 心底思います。
Posted by ひのえ at 2010年11月13日 16:56
♪Ree様
痛みというか、肺や心臓が押しつぶされてるから
苦しいと思います。
車だけじゃなくて自転車や高い場所から落ちた可能性もあるって(;;)
Posted by とらる at 2010年11月14日 08:37
♪ひのえ様
苦しいと思います。そんな病気なんですよ(TωT)
酸素をたくさん取り込む事が出来ないから
すぐに手術しても麻酔で逝ってしまう恐れがあるんです。
ホントに話が出来たらいいですよね〜
最近薬を残す事を覚えちゃって大変なんですよ(´-`)=3

Posted by とらる at 2010年11月14日 08:51
こんにちは、またお久しぶりになってしまってごめんね。
ハチちゃん手術お疲れ様でした!!
だいぶ元気になって一安心だね。

ただムーちゃんの事はなんといったらいいのか。
呼吸が荒かったのもそんな影響だったなんて。ショックですよね。
慢性化するとの話聞いて心配です。
手術は麻酔が危険なんだ(涙)う〜んなんとか助けたいもんね!
何か良い方法があればいいだけど・・・。
フミフミの動画見てたらキュンってしちゃった。ほんとに可愛いね。
大変だけど頑張って。
もっと他の病院の先生にも聞いてみるのもいいかも。何か解決策あるといいね。頑張ってね。
Posted by ちか at 2010年11月14日 16:19
♪ちか様
コメントありがとうございます^^
ふふ ムーのフミフミ可愛いでしょ?
ホントケージに入った途端始めたんですよ〜

ネットでも調べてるけど、慢性化したこの病気は難しいようです。
でも希望を持ってムーを助けてあげたいと思いますよ。
諦めない事が肝心ですよね!



Posted by とらる at 2010年11月14日 17:07
帰ってきたばかりで大変だろうけど頑張ってね

ムー太郎が少しでも良くなれるよう(=^・^=)お祈りしますゎ

寒くなってきたしお家に入れて良かったね

ムー太郎だかみぃーだかしろだか(=^・^=)
みんな同じ色だ・・・ 

家も老犬介護3週間目  今から病院 
 獣医に「ななちゃん疲れちゃったのかな」って言われたぁ・・・
     14歳だし 覚悟はしてても悲しくなったょ
Posted by まち at 2010年11月15日 09:31
♪まち様
おはよ♪
14日誕生日だったね。Happy Birthday\(^o^)/
ケータイ使えないからメール出来なかったヨ。

ななちゃんの介護してるの。
大変だけど頑張って!
ムーは息が苦しそうだけど、それでもみんなを襲ってるよ。
思ったより気が強いんだ〜(TωT)

ミィとはそっくりなハズだよ〜 だって兄弟だもん=3(書くの忘れた)
でもお互い忘れててシャーシャー言ってるわ。
でも

Posted by とらる at 2010年11月16日 08:52
いきなりのメール失礼します。うちの猫も後天性横隔膜ヘルニアで今7ヶ月です。手術も考えていますがやっぱり怖くて出来ません。。。こちらも手術なしで考えているのですがそのごムーちゃんまだ元気でいますか?
Posted by ceappp at 2014年08月20日 17:14
>ceappp様

レスが遅れてごめんなさい。コメント今気づきました。
ムー太朗はこの記事を書いた翌年の2月に手術に臨みましたが、残念ながら手術時の麻酔に勝つ事が出来ませんでした。
息がおかしい事に気づいてから1年は経っていて、癒着が激しかったのが手術が長くなった原因だと思います。
この様な場合獣医師は断る事が多く、賭ける気持ちで手術に臨んだ結果命を落とす事になり本当に可哀想な事をしてしまいました。

ceappp さんの猫はまだ7か月なんですね。
ムー太朗が手術した病院に横隔膜ヘルニアの手術が成功した猫がいました。
その子は具合が悪くなってから他の獣医で4か月も誤診されていて、不審を抱いて獣医をかえた所横隔膜ヘルニアがわかり、直ちに手術したという事です。

色んな猫ブログを見ると、やはり早めの手術をした猫は助かっている事が多いようですね。
それでも獣医師の腕もあるし猫の体質で麻酔事態にアレルギーがある場合もあるので、評判のいい獣医でよく相談なさった方がいいと思います。
とても辛いと思います…猫ちゃんがよくなる事を祈ってます。

Posted by とらる at 2014年09月02日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。