2010年12月15日

誰かサビちゃんを知りませんか?

サビちゃんの姿が見えなくなったのは9月5日頃。

春にうちに戻り苦手だったムー太郎とも仲良しになったサビちゃんは、朝晩キチンとうちでご飯を食べてました。

私は今までサビちゃんを保護しようとは考えてませんでした。

それは避妊手術をしようとした時2階の窓からダイブして(しかも2度も!)逃げられた経験と

何とか外でやっていけるかなと、うちの子とは分けて考えていたんです。

また彼女の強い性格では間違いなくるるとぶつかっていたでしょう。


けれどうちに先住猫が1匹もいなかったらグレしろがもっと小さな時、間違いなく親子で保護してました。

サビちゃんも子育て中だったら絶対家に慣れてくれたハズです。
DSCN1719.JPG


サビちゃん
への気持ちが変わったのはうちに戻って来たこの春からー

嫌っていたムー太郎ともスリスリする仲になったし

もしかして2匹一緒ならサビちゃんも脱走しないで落ち着いてくれるかもって思ったんです。

長年の野良暮らしでくたびれてきた彼女の個性的な毛皮。

それを見るのも悲しかった。
DSCN1535.JPG


私は春から病気が悪化して家事も最低限やっとここなしてる状態で、とにかく入院しない事には埒が明かない。

退院する頃にはちょうど寒くなるから、そんな時に保護したら温かい部屋が気に入ってくれるかも。

そんな風に考えていました。
DSCN0462.JPG

朝晩のご飯と家猫と同じ特別メニュー(刺身やゆで節など)もしっかり食べ

夏は牛乳を飲むのが日課でした。

寒くなったら家に入れてあげるから、これ飲んでもうちょっと頑張ってねって声掛けしてました。

具合が悪いようには全く見えなかった。
DSCN0306.JPG


サビちゃんの姿が見えないんです」って近所のReeさんにメールしたのが9月10日。

Reeさんは前日あたりにうちの近所でサビちゃんを見たそうです。

それが最後の目撃情報になりました。


保健所等には結局最後まで連絡しませんでした。

ご飯はタイミングが合わないだけで実は食べに来てるのかも?と思ったり

気まぐれにどこかに行ってるだけなのかも、と思ったりして日にちが過ぎてしまい10月には入院。

家族が世話をしてくれたけど、その間もサビちゃんが来る事はありませんでした。


今までもふらりといなくなる事はあったサビちゃんです。

なのに今回だけ詳しく書いたのは…なにかサビちゃんが死んでしまったような気がするんです。

考えたくないけれど…


そう思ったのは「野良猫の寿命は5年くらい」という説がありサビちゃんがちょうど5歳だからかもしれません。

それに今までいなくなったのはグレしろの子育て(6ヶ月齢)が終わった時とムー太郎達が庭に来て嫌だった時。

今回はこれといった理由が思い浮かびません。
DSCN2770.JPG
(上から2008年夏のサビちゃん、右下がミルティー、左がいなくなったミルの兄弟)


もし彼女が死んでしまったのだとしたら原因はなんだろう。

突発的な事故という事もあるけれど。

夏の間頑張ってきたけれど、暑さにやられてしまったのだろうか。

これを書いていてハッとしたのだけど、もしかしたら腎不全だったのかもしれない。

夫に捕まえてもらって定期的に医療ケアをしていればよかった。

そんな事をとりとめもなく考えています。
DSCN3355.JPG

サビちゃんが外猫であろうと、死んだ時はうちの猫として送り出すつもりでいたので、こんな最後になってとても寂しいです。


私のエゴで避妊手術をしてからたった2年…サビちゃんにとってどんな2年間だったろう?

子育てをするサビちゃんは本当に強くてかっこよかった。

母の愛というものを痛い程見せられたよ。
DSCN9703.JPG

サビ柄で鼻の半分が黒くて半分が茶色。

半長毛でしっぽがくるんとねじれてて。

あなたがどんなに可愛かったか、どんなに立派なお母さんだったか、私は忘れないからね。

そしてブログを読んでくれるみんなにも彼女の事を知って欲しいと思ったんです。


サビちゃん、今どこにいますか。

私の勘が全部外れて、実は優しい家族が見つかって今頃温かい部屋で寝てたりして…

そうだったらいいのになぁ(´-`).。oO


サビちゃん、今まで本当にありがとうね。

あなたの子供達、みんな助ける事は出来なかったけど

グレにゃんしろにゃんミルティーは大事にするからね。

翌年生まれた子達も里親さんの家で元気に暮らしてるよ。

今度あなたが生まれて来る時は最初から出逢えるよう、猫の神様にお願いしましょう。

そしてずっと一緒に暮らしましょうね。


大好きなサビちゃんへー

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!