2010年12月28日

猫それぞれ

ぐわ〜っ!

最後の最後で記事が消えますた…Σ( ̄ロ ̄lll) 



なので今日は予定を替えてアルバム風にいきまっす♪


年賀状用の写真がまだ撮れません。
DSCN9331.JPG



ハチの癖ヒゲ
RSCN9326.JPG



新聞は渡しませんよ?
RSCN9351.JPG


やっぱLEDはいまいちだね。
DSCN9304.JPG


私の好きなネギ味噌ラーメン♪
DSCN9237.JPG


変なカッコで座るしろ
DSCN9300.JPG

おしまい♪

多忙でコメレスが出来ません。
レスがなくてもいいよって方はコメント下さいませ*_ _)ペコリ

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!


2010年12月25日

メリークリスマス

メリークリスマス!

Christmas time in blue(聖なる夜に口笛吹いて) 佐野元春


何年たっても私のNO1クリスマスソングはこれ…

みなさんよいクリスマスをお過ごし下さい。
CA3C0114.JPG

CA3C0202.JPG

※コメ欄閉じます

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!



2010年12月15日

誰かサビちゃんを知りませんか?

サビちゃんの姿が見えなくなったのは9月5日頃。

春にうちに戻り苦手だったムー太郎とも仲良しになったサビちゃんは、朝晩キチンとうちでご飯を食べてました。

私は今までサビちゃんを保護しようとは考えてませんでした。

それは避妊手術をしようとした時2階の窓からダイブして(しかも2度も!)逃げられた経験と

何とか外でやっていけるかなと、うちの子とは分けて考えていたんです。

また彼女の強い性格では間違いなくるるとぶつかっていたでしょう。


けれどうちに先住猫が1匹もいなかったらグレしろがもっと小さな時、間違いなく親子で保護してました。

サビちゃんも子育て中だったら絶対家に慣れてくれたハズです。
DSCN1719.JPG


サビちゃん
への気持ちが変わったのはうちに戻って来たこの春からー

嫌っていたムー太郎ともスリスリする仲になったし

もしかして2匹一緒ならサビちゃんも脱走しないで落ち着いてくれるかもって思ったんです。

長年の野良暮らしでくたびれてきた彼女の個性的な毛皮。

それを見るのも悲しかった。
DSCN1535.JPG


私は春から病気が悪化して家事も最低限やっとここなしてる状態で、とにかく入院しない事には埒が明かない。

退院する頃にはちょうど寒くなるから、そんな時に保護したら温かい部屋が気に入ってくれるかも。

そんな風に考えていました。
DSCN0462.JPG

朝晩のご飯と家猫と同じ特別メニュー(刺身やゆで節など)もしっかり食べ

夏は牛乳を飲むのが日課でした。

寒くなったら家に入れてあげるから、これ飲んでもうちょっと頑張ってねって声掛けしてました。

具合が悪いようには全く見えなかった。
DSCN0306.JPG


サビちゃんの姿が見えないんです」って近所のReeさんにメールしたのが9月10日。

Reeさんは前日あたりにうちの近所でサビちゃんを見たそうです。

それが最後の目撃情報になりました。


保健所等には結局最後まで連絡しませんでした。

ご飯はタイミングが合わないだけで実は食べに来てるのかも?と思ったり

気まぐれにどこかに行ってるだけなのかも、と思ったりして日にちが過ぎてしまい10月には入院。

家族が世話をしてくれたけど、その間もサビちゃんが来る事はありませんでした。


今までもふらりといなくなる事はあったサビちゃんです。

なのに今回だけ詳しく書いたのは…なにかサビちゃんが死んでしまったような気がするんです。

考えたくないけれど…


そう思ったのは「野良猫の寿命は5年くらい」という説がありサビちゃんがちょうど5歳だからかもしれません。

それに今までいなくなったのはグレしろの子育て(6ヶ月齢)が終わった時とムー太郎達が庭に来て嫌だった時。

今回はこれといった理由が思い浮かびません。
DSCN2770.JPG
(上から2008年夏のサビちゃん、右下がミルティー、左がいなくなったミルの兄弟)


もし彼女が死んでしまったのだとしたら原因はなんだろう。

突発的な事故という事もあるけれど。

夏の間頑張ってきたけれど、暑さにやられてしまったのだろうか。

これを書いていてハッとしたのだけど、もしかしたら腎不全だったのかもしれない。

夫に捕まえてもらって定期的に医療ケアをしていればよかった。

そんな事をとりとめもなく考えています。
DSCN3355.JPG

サビちゃんが外猫であろうと、死んだ時はうちの猫として送り出すつもりでいたので、こんな最後になってとても寂しいです。


私のエゴで避妊手術をしてからたった2年…サビちゃんにとってどんな2年間だったろう?

子育てをするサビちゃんは本当に強くてかっこよかった。

母の愛というものを痛い程見せられたよ。
DSCN9703.JPG

サビ柄で鼻の半分が黒くて半分が茶色。

半長毛でしっぽがくるんとねじれてて。

あなたがどんなに可愛かったか、どんなに立派なお母さんだったか、私は忘れないからね。

そしてブログを読んでくれるみんなにも彼女の事を知って欲しいと思ったんです。


サビちゃん、今どこにいますか。

私の勘が全部外れて、実は優しい家族が見つかって今頃温かい部屋で寝てたりして…

そうだったらいいのになぁ(´-`).。oO


サビちゃん、今まで本当にありがとうね。

あなたの子供達、みんな助ける事は出来なかったけど

グレにゃんしろにゃんミルティーは大事にするからね。

翌年生まれた子達も里親さんの家で元気に暮らしてるよ。

今度あなたが生まれて来る時は最初から出逢えるよう、猫の神様にお願いしましょう。

そしてずっと一緒に暮らしましょうね。


大好きなサビちゃんへー

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!

























2010年12月11日

誰かサビちゃんを知りませんか?

グレしろのお母さんサビちゃんは2005年生まれの野良にゃん。

うちの近所でご飯を貰っていました。

今日はサビちゃんの話を聞いて下さいね。


2006年 ミルティーともう1匹のオス猫(行方不明)を出産。

2007年2月 今までの家でご飯を貰えなくなり、うちに日参するようになる。

2007年5月20日頃 グレしろにゃんを出産。
(出産場所はお隣の縁の下)

同年6月20日 生後1ヶ月のグレしろがうちの庭に出て来て初対面。

その後半年間、うちの庭で献身的に子育てを。

同年11月20日・21日 グレ
しろを保護。

その冬のサビちゃん、あまり姿を見せなくなる。

翌年の2008年5月 仔猫4匹出産。

同年6月4〜6日 生後1ヶ月の仔猫1匹を小学生が持ち帰る。

残った3匹を保護。ミルそっくりの子が亡くなる。

残った2匹は保護主さんの家猫になる。

同年7月23日 サビちゃん避妊手術。

避妊後、最初の出産のミルともう1匹の兄弟がサビちゃんと行動を共にするようになる。

その夏はうちの庭で寛ぐサビちゃん一家。
とても幸せそうでした。

9月の終わりぐらいにミルの兄弟が急にいなくなる。

同年10月〜 サビちゃんミル、うちの湯たんぽ入りダンボールハウスで越冬。

翌年2009年3月 庭にムー太郎4兄妹が現れる。

サビちゃんミルムー達を嫌ってあまり家に来なくなる。

同年8月25日 久々に現れたミル、怪我をしてたので緊急保護。

同年秋冬〜 ムー太郎を嫌うサビちゃん、近所のReeさんちでご飯と湯たんぽハウスを用意して貰い越冬。

翌年の2010年春〜 またうちに現れるようになったサビちゃんいつの間にやらムー太郎と仲良くスリスリする仲に。

またうちで毎日ご飯を食べるようになったサビちゃん

そして夏、毎日冷たい牛乳を飲むのが日課だったね…


DSCN0463.JPG

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!







2010年12月09日

しつこいオトコは嫌いですか

保護猫ハチ(推定生後7ヶ月)ーうちで一番大らかなオトコ。
DSCN9058.JPG



大らか過ぎて女子チームにまで戦いを挑みいつも怒られている。
FSCN9236.JPG


うっさいんじゃ〜!!
RSCN9197.JPG
しろにゃん↑


命知らずなやつ…
DSCN9119.JPG

仔猫が大人猫にしつこいのは当然だし

度を越してるって程ではないんだけど…

ただ誰もが恐れるるるにも同じにしつこいのよね。


おかげでるるは ハチを見るだけで唸るようになっちゃった。
DSCN9164.JPG
だってウザいのよ!


ハチ君、るるが逃げると喜んで追い

怒られても何度でも飛び掛っていきます…( ;´Д`)


しつこいオトコは嫌いですか?
DSCN8964.JPG

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!












2010年12月03日

変なとこが似る兄弟

ムーミィは4匹兄弟の中の2匹でオスはムーだけ。

全員が同じ柄で4匹兄弟とわかるまでに数ヶ月かかりました。


出会いは去年の3月頃で生後3ヶ月くらいに見えました。

外で世話してたグレしろのお母さんサビちゃん

お兄さんミルティーのご飯目当てにうちの庭にやって来たようで

暖かくなってきたので近くに捨てられたんだと思いました。


当時の私は非常にまずい事になったと思いました。

だってサビちゃんミルは毎日湯たんぽ入りのダンボールで寝て

昼もうちの庭で寛いでたから。


目に見えるケンカがあった訳じゃないけど、案の定サビちゃん親子の足はうちから遠のいて行きました_| ̄|○


私はサビちゃんへの思い入れが強かったし、自分にはもう限界だと思ったから

ムー達を保護しようとは思っていませんでした。



早い段階で1匹のメスを見なくなり

残った3匹のうち2匹にとってうちは単なる給食所に過ぎないようで

庭に長居する事はなかったのに対しミィは違ってました。

和室の窓を開けると、いつも窓下のコンクリートに丸くなって寝てたんです。

冬でもなく、若く活動的であるはずなのに具合が悪いんだと思いました。

それで元々避妊手術はする予定でしたが保護に踏み切ったんです。


それが去年の7月25日。

そして残ったメスが産んだチビを保護したのが8月13日。
CA3C0074.JPG
チビは生後30日くらいだったので

ちょうどミィを保護する10日程前に生まれた事になります。

姉妹であるミィは幸いにも妊娠してませんでした。

それは体調の悪さ故だったのでしょうね。


チビを保護した直後、もう1匹仔猫がいる事が発覚

DSCN6340.JPG
ミィの姉妹と仔猫↑            …を守るムー太郎


この子は母猫と一緒に寝ぐらを変えてしまい、秋に帰ってきた時は母猫だけになってました。

母猫とムーはこの頃から急に人懐こくなり甘えるように。

そして12月になると母猫はまたいなくなり、しばらくすると首輪をつけて現れたんです。

嬉しかった。

きっとうちみたいにご飯をあげてた家があって

寒さ厳しくなったので飼う事にしたんでしょうね。
DSCN7724.JPG
その時の母猫ちゃん。電池切れでこんなのしか撮れなかった。


うちの庭で久々に再会した母猫とムーは、寒いのに1時間以上も一緒にいました。

それはまるで「元気だったか?」

「うん、なんか家が決まった。そっちはどうよ?」

「よかったな。俺は湯たんぽあるし大丈夫だ」
な〜んて話してるように見えました。


それが母猫を見た最後です。

きっと完全室内飼いにしてくれたんじゃないかな…うん、きっとそうだよね。



つまりムーと私は兄弟でチビのおじさんおばさんになる訳ね?
DSCN8727.JPG
そ〜いうコト。


チビはともかくムー太郎が血を分けた兄弟なんて…
DSCN8719.JPG 
オーマイガー!!全然似てないし〜!

なに言ってんの。

あんたら他にゃんに襲い掛かる姿がそっくりだわよ(´-`)=3

ん?俺?
DSCN8969.JPG
この2にゃん、似なくていいとこばかりが似ています。

さてどうしたものか…

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!
















2010年12月02日

夢こたつカバーをポップな柄にした訳

なんと!久々の2日連続のアップです!

ではでは昨日の続きいっちゃいますよ〜♪


猫用こたつのカバーを何故こんな柄にしたかというと
DSCN9070.JPG


原因はこの方 ムー太郎君です。
DSCN8974.JPG
ん?


ムー太郎の鼻水飛ばしは

風邪が原因ではなく横隔膜ヘルニアによる内臓機能の異常の為

と先日ちょこっと書きましたが、鼻水というより粘液状なんです。
(お食事中の方すいません)

で、鼻の粘膜も弱くなってるらしく、そこに血が混じる事も。

くしゃみと共にそれがべろ〜んと出る事がしょっちゅうなので

ティッシュをババッと取って電光石火でムーを拭くワザを身につけた私です(* ̄ω ̄*)v


でも私がそばにいる時ばかりでないので結構色んな所にブツがこびり付いてるんですよ〜

で、この布地を見た瞬間「あ、ムー太郎の鼻血が目立たなくていいわ」って思ったの。

洗いたくてもすぐに出来ない時もあるから。


俺…迷惑かけてんの?
DSCN9056.JPG
気にしなくていいよ。

人間の大人の介護を思えば(介護経験ないけど)全然平気だよ〜(゜ー゜)


ただ治してあげたいよね。

炎症止めのお薬と抗生物質はお外時代からずっと飲ませてて

これは横隔膜ヘルニアでも続けていいって言われてるんだけど

鼻の異常は全然改善されないの。

続けて飲ませていいのかな?って思案中…



あ〜でもムー太郎さん、少しは済まなく思うならさ
DSCN9054.JPG
他の猫に噛み付くのはやめてもらえませんかね?


穏やかだと思ってたムー太郎、なんと噛み付き猫でした。


ミィもムーを恐れて嫌ってます。


だって…あんなでっかくておっかない猫
DSCN8852.JPG


嫌いよ〜!

DSCN8864.JPG

ミィはムーの実の兄弟猫。

ムーより1年3ヶ月前に保護してるからお互い覚えてないみたい。

4匹仲良し兄弟だったのに淋しいね。

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!














2010年12月01日

コタツカバー

布地を買って来て久々に縫い物をした。


おいおい。
DSCN9075.JPG


こらこら
DSCN9072.JPG


ムー太郎まで(・∀・*)
DSCN9083.JPG


と散々邪魔されまくって出来たのがこちら。
DSCN9091.JPG
「ペットの夢こたつ」用の上掛けカバー。

と言っても布地の在庫が足りなくて、もとカバーの表側に直接縫い付けちゃったんだけど。

(このへんがいかにもO型の性格だよね( ̄ε ̄;)


このコタツ、ホントは去年普通のを頼んだの。

でも在庫切れで、安い値段で高い方のデラックスを送ってくれた。

DXと言うだけあって豪華でよかったんだけど、いかんせん色が小豆色で
DSCN9057.JPG
ムー太郎↑

この色ってホコリも猫毛も目立つのよね。

それで今年はカバーをかえちゃったワケ。

真ん中がボアになってるからそこは残したんだよ。


(↓しろの寝てる方が普通の夢こたつです♪)

ふ〜ん。布が足りないからちょうどいいやって言ってたよね。DSCN9085.JPG
それにしても随分ポップな柄にしたんだね。


アハハ〜 これには訳があるんだよね(;´∀`C
続きは次回でね!

にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ


応援ありがとうございます!